バイオ燃料のメリットって何だろう?


 

バイオ燃料は生物資源(バイオマス)を原料として製造される燃料のことです。主なものには、ガソリンへの混合を目的としたバイオエタノールと、軽油の代わりになるバイオディーゼル燃料があります。
これらの原料となるトウモロコシやサトウキビなどの原料は、植物が光合成により二酸化炭素を吸収して生産されたものですから、これらを燃焼させても二酸化炭素は増加しないとみなされ、地球にやさしいエネルギーです。次のメリットとしては、太陽と水と二酸化炭素で育成可能な植物は、枯渇が心配されている化石燃料に対して、持続的利用が可能な原料なのです。さらに硫黄分を含まないため、硫黄酸化物の排出がゼロであるほか、一酸化炭素や炭化水素が少ないなどの特徴があります。
経済的にもメリットがあります。原料となるトウモロコシやサトウキビの需要が、取引価格の上昇などにより農業振興につながります。農家にとっては、畑が油田になるわけで、日本においても休耕田において多収穫米の試験栽培が始まっています。また燃料用であれば、遺伝子組み換えや農薬の問題もありません。さらに化石燃料が採掘できないエネルギー輸入国にとっては、エネルギー自給率向上につながるのです。テクスチャー15

 

コメントは受け付けていません。