環境面で劣っていることはあるのか 


自動車の燃料にはガソリンが使用されていますが、近年ではガソリンのような化石燃料の燃焼による地球への影響を危惧する声が高まっています。そこでガソリンの代替燃料となるものとしてにわかに注目されているのがバイオ燃料と呼ばれる新しい燃料です。
バイオ燃料の原材料となるのはサトウキビ、大麦、トウモロコシ、大豆などの植物で、二酸化炭素の排出削減効果を期待できるとされています。もしも、バイオ燃料を使用することで二酸化炭素の排出を削減することができれば、地球温暖化といった問題も解決できるようになります。
バイオ燃料は前述したように植物から作られますが、その作り方は基本的にはお酒などのアルコールを作るのと一緒です。化石燃料は埋蔵量に限りがありますが、植物の場合、収穫と栽培を繰り返していけばいいので、現在以上に普及することができれば日本のような資源に乏しい国でもエネルギー問題に苦慮することがなくなることでしょう。
環境にやさしいと言われているバイオ燃料ですが、バイオ燃料を作るために森林を伐採してサトウキビ、大麦、トウモロコシ、大豆を代わりに植えるというケースも多く、その点では生態系が乱れてしまうのではという懸念があります。また、バイオ燃料には水に親和性があるという特性があるため、水質汚染の恐れがあると危惧されています。その点ではまだ、研究や改善の余地が残されています。
しかし、従来のように化石燃料に頼るだけではなくバイオ燃料を上手に活用することで、これまでとは違った地球に優しい新しい生活を送れるようになるのではないでしょうか。テクスチャー17

コメントは受け付けていません。