代替燃料としての水素燃料電池の万能さ


水素電池は、水素と酸素の化学反応によって生まれるでき気エネルギーを利用した電池です。燃料電池とも呼ばれていて、燃料電池自動車(FCV)の開発が進められています。FCVは、ガソリン自動車がガソリンスタンドで燃料を給油するように、水素ステーションで燃料となる水素を補給します。
自動車以外にもさまざまな分野で応用ができ、将来的には、化石燃料や原子力による発電の代わりになることが可能とされています。
水素の価格は、1Nm3あたり110~150円であり、燃費の目安は10~14円/1kmです。これはガソリンの燃費(14~17円/1km)よりも安いです。また、経済産業省資源エネルギー庁では2030年を目安に1Nm3あたり40円程度にすることを目指しており、今も価格の3分の1程度になるので、非常に経済的です。現在、水素ステーションが非常に少ないですが、2015年までに商用の水素ステーションを100ヶ所設置することを目指していて、これからも増え続けていく見込みです。FCV自動車の価格も、年々下がっているので、一般の人でも買いやすくなっています。
また、FCVは、走行中のに水と熱ぐらいしか排出しないので、環境に非常に良く、都市公害を減らすこともできるので、非常に魅力的です。

コメントは受け付けていません。